News[ 最新情報 ]

News

2016年度 千曲川ワインアカデミー募集要項

日本ワイン農業研究所「アルカンヴィーニュ」では、ブドウ栽培とワイン醸造、およびワイナリーの起業と経営に関する知識と情報を提供する、栽培醸造経営講座「千曲川ワインアカデミー」を開講します。

講座の開講期間は1年間(第1期:5月~7月/第2期:9月~12月/第3期:1月~3月)とし、週2日(毎週火曜日と水曜日)で3期合計60日間、1日約4時間半の講座及び実習をおこないます。
(開講予定日とカリキュラム案抜粋は別掲)

講師には、海外や国内で経験を積んだ第一線の栽培醸造家、各分野の研究者・専門家のほか、国税庁酒類総合研究所、長野県農政部など公的機関からの協力出講も予定しています。カリキュラムの時間割とそれぞれの担当講師については開講までに発表します。

本講座は定員20名とし、受講者は「千曲川ワインアカデミー正会員」として年間45万円(+消費税)をお支払いいただきます。入会手続きに関しては、下記のご案内をお読みください。

受講者の対象は、ワイングロワー(ブドウを育てワインをつくる人)をめざす人、すでにその道を歩みはじめている人、あるいは将来そうなりたいと希望する人、とくにその計画はないがワインをよりよく理解するためにそれらの知識を身につけたい人、それらの知識を身につけて後進の新規参入者を育てたい人、など、ブドウ栽培とワイン醸造とワイナリー経営に関心を抱き、日本における新しいワイン産地の形成になんらかのかたちで寄与したいと考える、幅広い人びとを想定しています。

受講者のうち、具体的な新規参入計画のある人に対しては、農地確保、資金計画立案その他に関する相談を受け付けます。また自治体等から農地使用者の紹介を求められた場合は、履修終了者の中から優秀な者を推薦します。受講者ないし履修修了者に推薦または紹介する農地については、おおむね東御市を中心とする「千曲川ワインバレー」地域を対象としますが、受講者の現住所ないし将来のヴィンヤード・ワイナリー建設予定地については一切の制限を設けません。

千曲川ワインアカデミー正会員 入会手続きのご案内

千曲川ワインアカデミー正会員として入会し、アカデミーの講義を受けることを希望する方は、「資料請求申込フォーム」に必要事項を入力し、送信してください。
申込フォームを受け取りしだい、折り返し「入会申込書」の書式を送りますので、必要な事項についてご記入いただき、1月15日~2月10日までの間に、下記アドレスに送り返していただくようお願いします。

「入会申込書」をお送りいただいた方については、日本ワイン農業研究所が会員資格の判定をさせていただき、2月20日(土)にメールにて結果を通知します。入会が決定した方には、その後必要な手続きを完了後、下記会費のお振込みをしていただくことになります。

千曲川ワインアカデミー正会員 年会費 45万円+消費税(8%)= 486,000円

会費の振り込み確認をもって「千曲川ワインアカデミー」正会員としての資格が発効します。講座の開講は2016年5月10日(火)を予定していますが、その前に一度、オリエンテーション(4月中旬を予定)を開催し、その際に会員証をお渡しします。

日本ワイン農業研究所「千曲川ワインアカデミー会員登録」
メール: info@jw-arc.co.jp
お申し込み、お問い合わせは、すべてこのアドレスまでメールにてお送りください。