Supporter[ サポーター募集 ]

アルカンヴィーニュ「ワインサポーター」会員募集

日本ワイン農業研究所「アルカンヴィーニュ」は、これまでも多くのみなさまのご支援により、ブドウを植えてワインをつくる新規就農者の自立を支え、ワイン産業による地域の再生に寄与する活動を続けてきました。2015年に開講した「千曲川ワインアカデミー」の100名を超えようとする卒業生は、県内外の各地に定着して存在感を発揮しています。

とりわけ東御市を中心とする「千曲川ワインバレー東地区」では新規のワイナリー開設が相次ぎ、小規模ワイナリーの集積による新しい産地の誕生が現実となりつつあります。が、一方では、行政の認識も民間からの投資もまだ不十分で、世界の多くの国で起こっているようなワイン産業による地域経済の活性化が本当に実現するのか、不分明な未来を抱えていることもまた事実です。

おそらく、これからの数年が、重要な分岐点になるものと思われます。私たちはこれまで以上に力を注いで、ようやく見えてきた日本ワインの未来を、今回の被災で図らずも世界にその名を知られることになった「千曲川」の畔から、多くの人びとの目に見える風景にしていきたいと思っています。

そのためにも、新たな力を結集したいと考え、これまでの支援者のみなさまにも引き続きお力をお借りすると同時に、新しく仲間に加わっていただける「ワインサポーター」を募集します。現実にこの地域で起こっている新時代の胎動を感じながら、ワインと日本の未来を語り合うARC(アルカンヴィーニュ)ワインサポーターの仲間に、あなたもぜひ加わってください。(個人、法人、どちらでもお申込みになれます)

アルカンヴィーニュ「ワインサポーター」会員(200口限定)
1口:10万円+消費税(10%)=110,000円(5年間有効)
  • アルカンヴィーニュの正面玄関側壁に、新しい日本ワインの胎動を祝福するサポーターとして、お名前を刻んだ銘板を永久に掲げます。
  • 2020~2024年までの5年間にアルカンヴィーニュで生産される酒類
    (市価合計約15,000円相当)を、毎年1回お届けします。2020年の収穫(ヴィンテージ)で製造されるワイン、シードル等の果実酒は、翌2021年より配布開始(配布終了は2025年)となります。
  • 2020年から2024年まで毎年1回開催する「アルカンヴィーニュ現状報告会」に1名ご招待します(同伴者は5,000円にて参加可能です)。現状報告会では、周辺の新しいワイナリーを訪問した後、東御市近辺で報告会および懇親会を開催する予定です。
  • 会員証の提示で、試飲セットもしくはソフトドリンクを1名様にサービス致します。

入会お申込み

「入会手続きのご案内」をお読みいただき
「入会お申込みフォーム」よりお申込みください。

≪ 2015年~2019年 ≫

【クレイドルブランド会員】

クレイドルブランド会員

2020年から2021年にかけてワインを12本お送りする予定です。

【ファーストヴィンテージ会員】

ファーストヴィンテージ会員

2016年より年1回ワインをお届けしてまいりました。
予定のワインの配布は2020年が最終となります。

【ビジネスサロン会員】

ビジネスサロン会員

お願い

ご住所の変更がございましたら、ご連絡をいただきますようお願いいたします。

お問い合わせ先

各セミナーのお申し込み・お問い合わせは日本ワイン農業研究所
「アルカンヴィーニュ」まで。

〒389−0505 長野県東御市和6667
電話:0268−71−7082
FAX:0268−71−7083
メール:下記のフォームをご利用ください。