News[ 最新情報 ]

更新情報

2020年01月17日

JAPAN WINE TASTING BOARD

私は、数年前から、一般のワインユーザーが、自分たちでワインを評価するシステムをつくれないか、夢想してきました。 きっかけは、このブログにも書いた、ポルトガルで官能審査をやったときの経験です。10...

>続きを読む

2020年01月15日

スクワット…?

まずはこちらをご覧ください。 スクワットをしているかのような写真ですが、真面目に作業中です。 瓶の中に沈殿していた澱が固まってしまったので、瓶を振って細かくしてあげています。 固...

>続きを読む

2020年01月14日

ワインユーザー

みなさま明けましておめでとうございます。金持ち被告が脱走したり、大統領がテロ殺人を指示したり、滅茶苦茶なスタートを切った2020年ですが、このブログはいましばらく続けますので、今年もご愛読のほどよろし...

>続きを読む

2020年01月07日

あけましておめでとうございます

昨日、新年一日目の営業日でしたが、近隣の方が何人もワインをお買い求めにいらして下さり、とても嬉しい一日でした。 今年は、アルカンヴィーニュ開業6周年を迎えます。 より一層皆様に喜んでいただ...

>続きを読む

2019年12月27日

ワインに権威は必要か

ワインは取っ付きにくく、知識がないと飲めない、と思っている人が、まだまだたくさんいるようです。だから、ワインの評価も、どうしても権威に頼るようになる。コンクールの審判のような人がワインに点数をつけてく...

>続きを読む

2019年12月27日

年内最後の営業日

今日は年内最後の営業日でした。気持ちよく新年を迎えるため、そしてしばらくワイナリーは無人になるため、やることをやってしまいます。樽への補酒、貯酒管理、水抜き…etc。意外とやることが多く、気が付くとク...

>続きを読む

2019年12月24日

ワインの審判

ワインをテイスティングして、その評価を点数であらわす。何人かのテイスターの点数を合計して、順位をつける。ワインコンテストのこういうやりかたは、フィギュアスケートや体操やアーティスティックスイミングのよ...

>続きを読む

2019年12月24日

12月の雪

温暖化とはいえ12月にしてはたくさんの雪が積もりました。 隣のブドウ畑には動物の足跡が楽しそうに残っていました。 駐車場には何やら大きな足跡が・・・ 人の足跡にしては歩幅が小さいかな...

>続きを読む

2019年12月20日

採点競技

児島速人さんは、世界のあちこちの国際ワインコンクールの審査委員を務めていますが、 そういう世界には、どこのコンクールに行っても出会うような、常連のテイスターがいるようです。ワインの鑑定眼に定評があり...

>続きを読む

2019年12月20日

テイスティング

先日、毎年恒例の今年仕込分ワインのテイスティングを実施しました。同じ品種を同じように仕込んでも、色・味さまざまです。これからどんどん変化をしていきますので、最終的にどのようなものになるのか気になるとこ...

>続きを読む