News[ 最新情報 ]

更新情報

2020年02月25日

安いワインからはじめる人

日本では、ワインを飲む人の数は、まだまだ限られています。世界では、それまでワインを知らなかった国がいったんワインを飲みはじめると、急速にその数が増えるものです。オーストラリアやニュージーランド、アメリ...

>続きを読む

2020年02月25日

スタッフ送別会

先日、長い間ヴィラデストワイナリー及びアルカンヴィーニュに尽力していただいていたスタッフの退職に伴い、送別会を行いました。どこか遠くの土地へ行ってしまうわけではありませんが、やはり退職という一つの区切...

>続きを読む

2020年02月21日

ワイン会

私は、日本人がもっとたくさんワインを飲み、いろいろな国のワインを飲んでいるうちに日本でもよいワインが造られていることを知り、日本ワインには日本ワインならではの魅力があることに気づいて、日本ワインを愛飲...

>続きを読む

2020年02月21日

ウインドウアート…?

ウインドウアートというのでしょうか。この時期、朝窓を見ると、氷の結晶のようなものが窓にぎっしりと付いています。窓一枚一枚それぞれ模様が異なっており、芸術的なものもあれば、不格好なものもあります。 ...

>続きを読む

2020年02月18日

許容範囲

自然派ワインのファンはたくさんいます。時代の趨勢を考えると、今後もますます増えていくことでしょう。が、その自然派ワインを、大半の専門家は、評価の対象にできないでいるのです。 私は、日本の専門家の...

>続きを読む

2020年02月18日

2020年、瓶詰初め

前回濾過を行ったさんきょうだいシードルの原酒ですが、先日無事に瓶詰を終えることが出来ました。今のままでは泡が無く、これから瓶内で二回目の発酵が起こる過程で泡が出てきて、溶け込んでいきます。 リリ...

>続きを読む

2020年02月14日

マスター・オブ・ワイン

数年前、マスター・オブ・ワインの英国人ジャスパー・モリス氏が来日したとき、千曲川ワインバレーのワインをテイスティングしてもらったことがあります。マスター・オブ・ワインというのはワイン界における最高の称...

>続きを読む

2020年02月14日

2020年度 千曲川ワインアカデミー生 合格通知

2020年度千曲川ワインアカデミー生にご応募いただき、ありがとうございました。 多くの方にお申込みをいただき、選考結果を本日メールにてお知らせいたました。 また、合格された方には郵送して書類を...

>続きを読む

2020年02月12日

病気と正常

できあがったワインに雑菌が入っていたら、それは「病気」であって、「正常」の範疇から逸脱している、と考えるのが近代の慣行です。世界が進めてきた近代化、工業化の価値観は、より効率の良い生産性を求めるので、...

>続きを読む

2020年02月12日

2020年、濾過初め

先日、2020年に入り初めての濾過作業を行いました。 写真のような機械を使うのですが、板の間にろ紙を挟んでいくようになります。 今回は、自社製品のさんきょうだいシードルの濾過を行いました。 ...

>続きを読む