Column[ 読みもの ]

玉村豊男ブログ『ワインバレーの未来を考える2018』

2018年02月22日

ジャックダニエル

毎日かならず夕食のときはワインを飲むが、最近は、夜寝る前にウィスキーのソーダ割りを飲むようになった。ダブルで1杯か2杯のつもりだが、ボトルが2週間と保たないところを見ると、もう少し飲んでいるのかもしれ...

>続きを読む

2018年02月09日

ワインを飲んで泊まれる場所

眺めのよいテラスでワインを・・・といっても、日本では昼間からワインを飲む人は少ないでしょう。ワイナリー巡りに来る観光客なら、クルマを運転している人以外はたいがいワインを飲みますが、地元の人たちに昼酒を...

>続きを読む

2018年02月05日

野外の角打ち

眺めのよいテラスで、あるいは母屋の縁側で、楽しそうにワインを飲んでいる人の姿を見れば・・・と書きましたが、関酒店は、買ったお酒をその場で飲める、いわゆる「角打ち」と呼ばれる「立ち飲み酒屋」です。 ...

>続きを読む

2018年02月03日

関酒店で売るワイン

村の酒屋を復活させる・・・「関酒店復活プロジェクト」については、昨年の秋、クラウドファンディングをおこなうときにこのブログでも紹介しました。おかげさまで、目標額の700万円が期限内に集まり、この冬から...

>続きを読む

2018年01月26日

安いワインから飲みはじめる 

日本人が年間に飲むワインの量は、一人当たりボトル4本(3リットル)といわれています。正確な統計はありませんが、長いあいだ3本から3本半といわれてきたのが、最近は4本に達したのではないか、という推測です...

>続きを読む

2018年01月24日

パウサニアスの壁

ワインを飲んだことがない人に訊くと、多くの人が挙げるのが、「ワインのことは知らないから」、「ワインは難しそうだから」という「飲まない理由」です。ワインを飲むためには特別な勉強をしなければならない、と思...

>続きを読む

2018年01月17日

おいしいワインは誰が決める?

アガトン 目の前のワインがおいしいかどうかを知るには、それを自分で味わう以外の方法はない。自分においしいと感じられれば、おいしいワインであり、おいしいと感じられなければ、そのワインはおいしくないのです...

>続きを読む

2018年01月12日

ワインバレーの未来を考える2018

新哲学対話 今年の正月の読書は、『新哲学対話――ソクラテスならどう考える?』(飯田隆著/筑摩書房刊2017年11月)でした。 プラトンの対話篇に倣って、ソクラテスをはじめとする哲人たちが縦...

>続きを読む

2018年01月05日

あけましておめでとうございます

昨年はブログの更新をさぼってしまいましたが、今年は気持ちを入れ替えて、短い文章でもできるだけ頻繁に書いていこうと思っています。来週中頃以降、「ワインバレーの未来を考える2018」という新しいタイトルで...

>続きを読む

2017年11月12日

関酒店クラウドファンディング

みなさまに応援を要請していた「村の酒屋を復活させる――関酒店復活プロジェクト」のクラウドファンディングは、11月8日の23時59分をもって終了し、おかげさまで目標額の700万円を達成することができまし...

>続きを読む